2010.10.05

秋の夜長にイベント。。

やっと猛暑の熱波が去り、少しずつ涼くなってきました。晴の日は風がカラッとしていてまさに秋晴れといった感じですね。

夜も薄手のシャツを羽織ってちょっと肌寒いくらいの風にあたりながら深呼吸したり、あと、なんと言っても旬の魚や食材&新米!!もりもり食べて、体を動かして、夏の疲れを吹っ飛ばしたい毎日です。

今日は秋口にぴったりなイベントをお知らせします。

まず、今週の10月8日(金)にオープニングを迎えるのが
loosejoints pressents『CREW NECK』
会期:10月8日(金)~10月24日(日)
場所:ビームスT 原宿

オープニングレセプション
日時:10月8日(金) 19時~21時
場所:ビームスT 原宿
東京都渋谷区神宮前3-25-15 1F
TEL :03-3470-8601
http://www.beams.co.jp/

体育の日の3連休中には
2010 AUTUMN SAMPLE SALE
10月9日(土)12:00〜19:00
10月10日(日)11:00〜19:00
場所: Design Festa Gallery EAST 1F

ブランド:
OBEY: mens, ladies, accessories
ALIVE ATHLETICS: watches, accessories
STAPLE: mens

そして来週には哀愁漂う秋の夜長にぴったりな音。。

cordeand dublabpresent
“polyphony”
supported by Creative Commons Japan
2010/10/14 (Thu) at Daikanyama M

DJ陣も素敵ですが、Hit+RunもSecondhand Sureshotsも全部見たいイベントですね。個人的にはCarlos Niñoがとっても好きです。

その翌日、10月15日(金)は
cordepresents:
“Turn On The Sunlight” JAPAN TOUR 2010
New music by Carlos Niño & Jesse Peterson featuring Dexter Story of The Life Force Trio.
at Daikanyama unit.

嗚呼、Carlos Niñoのライブなんて!こちらも素晴らしいメンバーですね。

食欲の秋、芸術の秋、物欲の秋、、色んなインスピレーションをもらえそうなイベント達です。

2010.09.27

STPL FALL 2010.

stplfw10floatie1
The STPL Fall 2010 Collection is docking this week. The class session that inspired us for Fall 2010 is known as “Royal Athletics“. We’re talking about crew, rowing, sailing and rugby. Here’s some pieces from Delivery 1. These are shipping this week to your local STPL retailer as well as Reed Space and the new Reed Space Online Shop! Yes, I said it. Reed Space ONLINE SHOP.

STPL Fall 2010コレクションが今週、入荷します。今回のFall 2010がインスパイアされた授業は、「Royal Athletics(ロイヤル アスレチック)」。ボート、ローイング、セーリング、ラグビーの事です。Delivery 1から数点、ご紹介します。各地のSTPL取り扱い店やReed Spaceと新しいReed Spaceオンラインショップに今週納品されます。そうです。Reed Space オンラインショップ。

Bowside-Sail-Jacket-Fall-2010_1
Bowside Sailing Jacket. Tech. テック。

Bowside-Sail-Jacket-Fall-2010_2
Bowside Sailing Jacket. Tech x 2. テック x 2。

bowsidedetail
Bowside Sailing Jacket. Tech x 3. テック x 3。

Sculler-Varsity-Jacket-Fall-2010_1
Sculler Varsity Jacket. Our take on the classic becomes an instant STPL classic.

僕たち風にアレンジしたクラシックジャケットはすぐSTPLのクラシックに。

Sculler-Varsity-Jacket-Fall-2010_4
Sculler Varsity Jacket. Tonal embroidery detail at chest. 胸元に同系色の刺繍。

Yacht-Sailor-Bag-Fall-2010_3
Yacht Sailors Bag. Great all purpose cinch sack. 万能なシンチサック。

Yacht-Sailor-Bag-Fall-2010_1
Yacht Sailors Bag. Color 2. Two exterior side pockets as well. カラー2。両サイドに2つの外ポケット。

Motley-Shirt-Fall-2010_4
Motley Western Shirt. Snap front flannel shirt for dropping temperatures. 寒くなる気候のためにスナップボタンのネルシャツ。

Motley-Shirt-Fall-2010_1
Motley Western Shirt. Color 2. カラー2。

Motley-Shirt-Fall-2010_3
Motley Western Shirt. Arm embroidery detail. 腕に刺繍のディテール。

Motley-Scarf-Fall-2010_3
The accompanying 同じ生地の Motley Scarf.

Motley-Scarf-Fall-2010_1
Motley Scarf. Color two. カラー2。

motleyscarfzoom
Motley Scarf. Warms the cockles of my neck. 首の奥底まで暖める。

Princeton-5-Panel-Cap-Fall-2010_1
Princeton 5-panel adjustable cap. Sometimes you feel like a nut…時々、変わり者になった気分...

Princeton-5-Panel-Cap-Fall-2010_3
Princeton 5-panel adjustable cap…sometimes you don’t....時々、そうでもない気分。

Keelson-2-Tone-Button-Shirt-Fall2010_3
Keelson Buttondown Shirt. Shown in Olive. こちらがオリーブ色。

Keelson-2-Tone-Button-Shirt-Fall2010_1
Keelson in navy. ネイビー色。

Keelson-2-Tone-Button-Shirt-Fall2010_4

Keelson armpit pocket shown in detail. Invented by me and Dan The Automator over dinner one night.

Keelsonの脇ポケットのディテール。ある夕食で、僕とDan The Automatorで考え付いた物。

stplfw10floatie2
Row. Row. Row your boat. Gently down this stream. (All STPL pieces comes with the yellow floatie device as a keychain.)
漕ごう、漕ごう、ボートを漕ごう。そっとこの流れに乗って。(全てのSTPL商品には、この黄色いフローティーのキーチェーンが付いてきます。)

2010.09.17

色んなかわいい

2010.09.14

13th WITNESS @ REED SPACE.

Reed Space is proud to host a 13th Witness solo photo exhibition next week on Monday, September Thirteenth. Plus check out the 1-2-1 video I did with Tim McGurr as well. Oh this will be good. Very. Very. Good.

Reed Spaceは来週の9月13日(月)に13th Witnessのソロ写真展を開催できることを嬉しく思います。あと、Tim McGurrと行った1-2-1ビデオもチェックするように。これはヤバイ。本当に、本当に、ヤバイ。
13thinvite_front

13thinvite_back

2010.09.09

STPL x OAKLEY: FROGSKIN.

Here it is. This is the one you’ve all been waiting for. The STPL x Oakley FROGSKINS! In pop culture, it was a time like no other. Ronald Reagan was in the White House, “The Terminator” was in the box office and Run-D.M.C. was certified gold. It was also the time when Oakley created the FROGSKINS. Oakley resurrected the original tooling from the early ’80s to produce new limited editions, giving you a chance to own a piece of history. For each Frogskin, limited quantities will be produced. Once supplies are gone, the window of opportunity will be closed forever!
As a part of The History of Oakley collaboration we did, each of the other 5 styles are directly connected to a sport. But the Frogskin was the first Oakley design that was directed at a lifestyle, rather than a particular sport. Hence, we decided to design it with our lifestyle in mind—i.e., The Pigeon.
出ました。皆が待ちに待っていたものです。STPL x Oakley FROGSKINS! ポップカルチャーの歴史の中では他にはない時代でした。レーガンがホワイトハウスにいた頃。「ターミネーター」が映画館で上映され、Run-D.M.Cがゴールドディスクに。そして、OakleyがFROGSKINSを作った時代でもありました。Oakleyは80年代のオリジナルスタイルを復活させ、この新しい限定版を買えば歴史の一部を手元にキープできます。 各Frogskinは限定の数量でしか生産されません。在庫がなくなれば、絶好の機会が一生失われます!
The History of Oakley コラボレーション、他の5つのスタイルは、直接スポーツと関連がありました。しかし、FrogskinはOakleyが初めてライフスタイルの為にデザインされたもので、特定のスポーツのためではありませんでした。ということで、僕たちは僕たちなりのライフスタイルを盛り込んでデザインしました-ハトです
frogskin_9110
Splat! Splat! Splat! ピシャ!ピシャ!ピシャ!

FS_02-1
The frame features two tones of grey and the first time ever a translucent plastic was used on the Frogskin. Looks sick! Our little Pigeon mascot is laser etched on the lens. The CEO of Oakley said, “This is the best Frogskin ever designed. Period.”
フレームは2色のグレーで、Frogskinでは史上初の半透明なプラスチックが使われました。ヤバイです!僕たちの小さなマスコットのハトがレンズにレーザーエッチングされています。OakleyのCEO曰く、「これは史上最高のFrogskinデザインだ。断言できる。」

FS_03-1
Interior hit. 内側のデザイン。

FS_04-1
Uh-oh…we got hit. Lucky us. あっ...フンにやられた。ラッキー。

FS_01-1
Boo-yah! For now only available at Reed Space and in extremely limited quantities.
どうよ!非常に数量限定で現在Reed Spaceで取り扱い中。

2010.09.09

STPL x OAKLEY: HOLBROOK.

The Oakley Holbrook is part of our 3rd drop in The History of Oakley Collaboration that started at the beginning of this long, hot summer! The Holbrook is Shaun White’s signature model which was designed with his bro, Jesse who acts as Creative Director for Shaun’s projects. Therefore, it only made sense to take inspiration from the snowsport he excels in.
The name “Holbrook” came from a small town found along historic Route 66 in Arizona that sits on the outskirts of the painted desert and the petrified forest. It’s a classic western badland that epitomizes a spirit of exploration and adventure found in those traveling along Highway 66 in the 50’s and 60’s.
Oakley Holbrookはこの暑くて長い夏から始まったThe History of Oakley Collaborationの第3弾です!HolbrookはShaun Whiteの定番モデルで、Shaunのプロジェクトのクリエーティブディレクターで彼の兄弟でもあるJesseとデザインしたものです。なので、彼がずば抜けて得意とするスノースポーツからインスパイアされているのは当然な事ですよね。
「Holbrook」という名前はペインテッド砂漠と化石の森のはずれで、歴史的なRoute66沿いにあるアリゾナ州の小さな街から由来しています。1950年代、60年台にHighway66を旅した者の探検心や冒険心を象徴する典型的な西の不毛地帯。
holbrook_9110
STPL x Oakley Holbrook.

HB_02
Please note lens color on final production is Chrome Iridium Silver and it looks dope. Red metal bolts accents the front frame. 最終的な商品ではレンズカラーがクロムイリジュームシルバーでとてもドープです。レッドのメタルボルトがフロントフレームにアクセントを加えます。

HB_04
This Holbrook features a white halftone gradient fade. Starts off solid white at the front, then fades to clear at the earstems—like you’re floating through the perfect powder stash!
このHolbrookにはハーフトーンの白いグラデーション。前はソリッドな白からイアステムにつれて透明になる。まるで最高のパウダースノーの中を浮遊しているように。

HB_03
Interior hit. 内側のデザイン。

HB_01
It’s available today at Reed Space as well as select Oakley Flagships and Oakley.com.
本日よりReed Space、限定されたOakleyフラグシップストア、Oakley.comで取り扱われています。

2010.09.06

TOKYO PR.

I did a whole bunch of interviews in Tokyo to help spread the word on the Oakley collaboration we did which drops later in Japan (Sept-October). I love doing press in Japan! They are so thorough, considerate, polite and organized. I actually enjoy their questioning…it usually just turns into a casual conversation.
東京にいる間、日本では9月から10月にリリースされるOakleyとのコラボレーションについて皆に知ってもらうため、沢山のインタビューを受けました。日本でPRをするのは大好きです!とても徹底していて、考え抜かれていて、礼儀正しく、整頓されています。彼らの質問に答えるのは結構楽しいです...通常ただのカジュアルな会話になってしまいます。
warppress1
Here’s some shots from the interview I did with Warp Magazine. Look at the organization! They came with the layout sketched up before the Q+A even started!
こちらはWarp Magazineと行ったインタビューの写真。この準備万端なこと!インタビューをやる前からレイアウトのスケッチまで持っていました!

warppress2
And of course, showing me test polaroids right on the shoot. Very dope of them…
Thanks to the Oakley Japan team as well as all the editors who took the time to talk with me!
そして、もちろん、その場で撮影のテストポラロイドを魅せてくれます。とてもドープです。
Oakley Japanチームと時間を割いてくれた編集者たちに感謝です! (Hidden Champion Magazine, Warp Magazine, Colorfarm Magazine, Eyescream Magazine and Honeyee Mag…)