2011.04.12

carpe diem

東北の方が、NHKのメッセージコーナーで仰っていました。「どうかお花見は自粛せず、行ってください。是非東北のお酒を飲みながら。」

賛成です。

被災地の方達が元の生活に戻ろうと努力されている様子が伺えます。もちろん、それどころではない状況の方も多くいらっしゃるとは思いますが、できる人から少しでもという雰囲気があるようです。

人生は一度だけ。私が住んでいる鎌倉にも津波が来て何もかも無くなってしまう可能性を考えると、美しく咲いている桜を楽しめる時に十分堪能したいと思ってしまいます。

来年は被災された方も今より良い状態でお花見ができることを祈っています。

2011.03.24

Gilles Peterson
Ganbare Nippon Mix フリーダウンロード

Kate Simko
Live @ Eleven Tokyo – March 2011

2011.03.11

NEW REED PAGES!!

We finally got the new issue of Reed Pages in hand. It’s a thing of beauty. If you enjoyed the last issue (Jose Parla cover), I think you’ll thoroughly enjoy the new issue which is graced by Erykah Badu on the cover. The same structure is maintained in this issue. Content is alphabetized from A-Z (we have a number in this issue!). And there are no advertisements…only sponsorships. Reed Pages is made possible by our generous sponsors! Support them!
We offer the ability to read the entire magazine online for free, but trust me, you need to have this in your hands. It’s over-sized and the printing is incredible. Definitely an addition to your bookshelf. SUPPORT PRINT!
Some features include: 13th Witness, Brian Lam of Gizmodo, Erykah Badu, Futura, Mayer Hawthorne, Mr. Cartoon, Numero Group, Porter, R-16, Unused, Victorinox, White Mountaineering, XLR8R Magazine, Howard Zinn and more…
やっとReed Pagesの最新号が手元に。美しい出来です。前回(Jose Parlaの表紙)を気に入ってくれた人は、今回、表紙にErykah Baduを向かえた最新号も間違いなく気に入ってくれると思います。前回と同じ構成になっています。コンテンツはアルファベット順に(今回は番号も!)並んでいます。広告もなく、スポンサーシップのみです。Reed Pagesは寛大なスポンサーのおかげで成り立っています!彼らもサポートしてください!
オンラインでこの雑誌をすべて読むことも出来ますが、実際自分の手元に欲くなると思います。オーバーサイズでプリントの品質もすばらしいです。本棚のコレクションに加えたくなります。印刷物をサポートしよう!
いくつかピックアップすると:13th Witness, Brian Lam of Gizmodo, Erykah Badu, Futura, Mayer Hawthorne, Mr. Cartoon, Numero Group, Porter, R-16, Unused, Victorinox, White Mountaineering, XLR8R Magazine, Howard Zinn などなど...

Thanks to all the contributors who made this issue happen and also all the featured people who offered their time and patience. Hope you enjoy it! 貢献してくれたすべての人と時間をさいてくれたフィーチャーされている方々に感謝します。楽しんでください!


2011.03.07

SPRING ELEVEN.

The Spring 2011 Collections will be dropping very soon! The theme is dubbed “Film School“. We took a deep dive at the art of film making as a source of inspiration for this collection. I’m also really inspired by the different emotions that movies can bring out in us…I tried to exhibit a few of these in the line. Here’s a little teaser clip. (Not easy getting your own theater in NYC!) Look out for the new styles coming soon.

2011年Springコレクションをまもなくリリースします!テーマは「フィルムスクール」。このコレクションのインスピレーションにもなった映画製作の技巧に僕たちも挑みました。また、映画が僕たちに感じさせてくれる色々な感情からもインスパイアされました...コレクションにもそれを表現しようとしました。こちらが短いティーザーです。(ニューヨークで映画館を貸しきるのは簡単ではありません!)もうすぐ発売の新しいスタイルをお楽しみに。

2011.02.28

Staple Design at rooms22

Staple Design の2011FWコレクションを合同展示会 rooms22 で出展してきました。

記念すべき初出展にむけて搬入をした日、東京はホワイトヴァレンタインでした。

寒かった。。。

今回もjeffが来日し、ブースで待機。

最終日には場内スクリーンでインタビューを放送していただきました。

StpLのジャケットがとても好評で、jeffも少しホッとしたようです。

初めてお会いする方や、久しぶりにお会いした方、沢山の出会いがあり、色々なご意見を頂き、とても刺激&勉強になった4日間でした。ブースにお立ち寄り頂いた方、本当にありがとうございました。

おまけ画像:搬入の後、jeffと夕食に行き、その帰りに雪が大降りになり恐怖のドライブ体験をしました。
高速ではスリップして蛇行し、信号ではだいぶ前からブレーキを踏まないと止まらないし、、、
やっとの思いで家に着いたと思ったら、家の前で木に道を塞がれる事態。

2011.02.23

year of the rabbit

だいぶご無沙汰でしたが、今年初のブログになります。。

卯年です。年女です。

昨年末頃に始まり、年が明けてからは出産や子育てなどしていました。

年始の思い出といえば、除夜の鐘を聴きながら生後3週間の我が息子をあやしていたような。。彼にとってはクリスマスもお正月も全く概念に無いですからね。

プチ産休に入り、毎日成長していく子供を見守る生活はもちろん今までのものとは大きく違うわけで、不思議であり、でも本能的であり、人生観がまったく変わります。子供を産んだ後は体も変形し、子育てに適した体型になるので、妊娠前の洋服が着れなくなり、今日何を着るかなんてどうでも良くなります。笑

そんな2011年は私にとって初体験だらけの年になりそうです。第2の人生が始まる年に年女って、何だか区切りが良い気がします。あまり余裕を持ってしまうとカメさんに追い抜かれてしまうので、気を引き締めて乗り切ろうと思います。

世の中のラビッツさん達も、そうでない方達も今年が人生の中で思い出になるような良い年でありますように。

2010.12.27

Claw Money Art

Claw Money x Garfield X The Hundreds Painting

Mint & Serf Installation at District 36