2009.09.08

いつも刺激をもらっています

先週の前半は関西ツアーをしてきました!!

やっぱり現地の空気を吸って、ご当地グルメを堪能して、地元の人と触れ合うのはとっても大事なことですね。神奈川に引きこもりがちだった私には大きな刺激になりました。

特に大阪では新たな chill spot を発見!

Standard Book Store
standardbookstore.jpg

キャッチコピーは「本屋ですが、ベストセラーはおいてません。」
素敵!!ここにはずっといられます。

あと、大阪と言えば自転車。
こんなに自転車が多い繁華街はあまりないかもしれません。
今回の滞在中に遭遇した、センスあふれる1台がこちら。
target_bike.jpg

2009.09.08

LIKE LIPSTICK TRACES BOOK RELEASE.

likelipsticktracescover
It’s an arty month at Reed Space! We just celebrated the Asics 60th Anniv book launch last week and this Wednesday, I’m proud to announce another amazing book launch:
LIKE LIPSTICK TRACES: DAILY LIFE POLAROIDS FROM THIRTEEN GRAFFITI WRITERS
Like Lipstick Traces shows the everyday life of 13 graffiti writers. Consciously, and therefore in contrast with usual graffiti publications, it uses the peculiar medium of Polaroid. The idea was to send a Polaroid camera and about one hundred Polaroid photos to graffiti writers of different nationalities, with the task to shoot their everyday life, and to give them complete freedom in the choice of the motifs. It surely is this kind of freedom which makes this book so special, but also the fact that all these unpublished photos were taken especially for the book.
Artists involved in the book : AROE (UK), C.B.S (DE), DUMBO (IT), HONET (FR), KEGR (DK), O’CLOCK (FR), OS CURURUS (BR), RATE (USA), REMIO (NOR), ROCKY (ES), SCAN (CA)
SMASH (CH). THE E.R.S (BE)
今月はReed Spaceではアートの月!先週、Asics 60周年記念の本のリリースを祝ったばかりでしたが、今週の水曜日、もう一つ、すばらしい本のリリースを発表できる事を嬉しく思います。
LIKE LIPSTICK TRACES: 13人のグラフィティーライターから毎日のポラロイド
Like Lipstick Tracesは13人のグラフィティーライターの毎日を集めたものです。通常のグラフィティーに関する出版物と対照的にする為、意図的にポラロイドという奇妙なミディアムを使っています。コンセプトは色々な国のグラフィティーライターにそれぞれポラロイドカメラと100枚の写真を送り、テーマは自由に決めてもらい、毎日の生活を撮ってもらう事でした。この本の特色はその自由さにあり、写真もこの本の為に撮られたものなのでこれまで発表されていないということです。
参加したアーティスト:AROE (UK), C.B.S (DE), DUMBO (IT), HONET (FR), KEGR (DK), O’CLOCK (FR), OS CURURUS (BR), RATE (USA), REMIO (NOR), ROCKY (ES), SCAN (CA)
SMASH (CH). THE E.R.S (BE)

BOOK DETAILS
Number of pages: 224 pages, 8.67″ x 9.84″, Hardcover, English
ページ数:224ページ、8.67インチx9.84インチ、ハードカバー、英語
Copies : 2000 Limited Edition. 部数:限定2000部
ISBN : 978-91-85639-20-5
AUTHOR/著者: AURÉLIEN ARBET AND JÉRÉMIE EGRY
PUBLISHED BY/出版社 DOKUMENT PRESS AND HELLO
DISTRIBUTION/ディストロビューション : DOKUMENT

RECEPTION DETAILS
Wednesday, September 9th, 2009. 7pm–10pm
Space is limited.
Reed Space
151 Orchard Street (b/w Rivington and Stanrton)
New York City · 212-253-0588
In association with: Dokument Press, Hello, Proof7 and Pabst Blue Ribbon

Some shots from the awesome book. (Oversized prints from the print will be on display as well as advance copies for sale at the opening.)こちらが、すばらしい本からの写真を数枚。(オープニングでは拡大写真が展示され、本が前売りされます。)

LTT-THE-ERSLTT-OS-CURURUSLTT-KEGRLTT-C.B.S

The official invitation. Come by! こちらが正式な招待状。来てください!
visuelinvitlltbacjk

2009.07.01

REED PGS PARIS.


Reed Pages now available at Colette! Nice…
(I think in-store only for now. Thanks Sarah! And thanks to Malvi for the pic.)
Reed PagesColetteで手に入ります!ナイス...
(今はインストアのみです。ありがとうSarah!そして、この写真を提供してくれたMalviにも感謝です。)

2009.06.12

REED PGS DISSERTATION.


(Photo by Jay Lewis)
A guy by the name of Josh Kadis recently wrote a great, truthful dissertation on our new magazine Reed Pages. He’s a marketing, sponsorship and online social media consultant based in Oakland, California.
Josh Kadisという方が僕達の新しい雑誌、Reed Pagesについて核心についたすばらしい評論を書いてくれました。彼はカルフォルニアのオークランドに拠点を置く、マーケティングやスポンサーシップとオンラインメディアのコンサルタントをしています。

A snippet on our Sponsorship model:
You could argue that calling this anything other than advertising is just a way for Staple to differentiate his magazine from the competition. There’s some truth to that. But in the context of the differences between “advertising” and “sponsorship” – as those terms are commonly accepted in marketing circles – there’s actually some substance to Staple’s reasoning. An advertisement is clearly delineated from the medium in which it exists. Within this container, the advertiser is free to deliver a message over which they have complete control. For instance, the same TV spot can run on a wide range of shows and doesn’t need to have a connection to any of them. To advertisers, the shows themselves simply deliver access to the audiences that the advertisers want to reach.
Sponsorship, on the other hand, places greater emphasis on the medium. The sponsored property is a distinct entity with which the sponsor is trying to align their brand. It’s not a blank slate where the sponsor can say whatever they want. By constraining sponsors to a simple logo and “We support Reed Pages,” Staple has created something that’s more similar to a logo on a cycling team jersey than it is to a standard advertisement.
And one last one: “…that’s a good point about it being eye-grabbing. You could pay an agency a lot of money for creative that’s not nearly this good.”

Very often when I told sponsors that they didn’t need to send “art” or a “proof”, they were floored. They almost couldn’t comprehend how easy it was. I had to say over and over again…I JUST NEED YOUR LOGO AND YOU JUST PICK BLACK OR WHITE. THAT’S IT! It’s like they always say, sometimes, the answer is sitting right under your nose. Thanks again to all the supporters, buyers and subscribers!

僕達のスポンサーシップモデルについて:
「Stapleが他の競争相手と差別化を計るため、単に広告を違う呼び方とした広告という人がいるかもしれません。その言い分も分かります。けれども、「広告」と「スポンサーシップ」の違いを考える場合、(マーケティング業界では同じように使われることがあるが)、実際ステイプルの言い分には根拠があると思います。広告はそれが存在する中の媒体から無関係である。媒体の中ではメッセージを発しられて、全ての指導権を持っている。例えば、同じCMが色々なテレビ番組内で放送されるが、そのCMはどのテレビ番組と直接は関係がなくてもいいのです。広告者たちにとっては、その番組は単にターゲットとする視聴者に広告を見せる機会を与えてくれるものなのです。
その一方に、スポンサーシップは、その媒体をより強調する仕組みになっています。スポンサーが自身のブランドをその媒体の一部として提携させている。スポンサーが何でもできるような状態ではない。スポンサーをシンプルなロゴと、「私達はReed Pagesをサポートします」と書くことだけに抑えることによって、Stapleはサイクリングチームのユニフォームにあるロゴの様な基本的な広告の手段を作り出しました。」
そしてもう一行:「目を引くということもいいポイントだと思う。広告代理店に巨額な金額を支払っても、こんなに良くできないかも知れない。」

スポンサーに「アート」や「校正」が必要ないと伝えると、信じてくれませんでした。これほどまでに簡単であることが理解できなかったようです。何度も何度も...ロゴだけ必要で、黒か白かを決めてください。それだけです!って言わないといけませでした。よく言いますよね、答えはすぐ目の前にある。支えてくれた人、買ってくれた人、購読してくれた人、みんなにもう一度、ありがとう!

2009.06.03

REED PAGES.

It’s no secret that I am a magazine fanatic. I simply love the printed word. I’ve worked with many different magazines in the past and I’ve enjoyed all of those experiences, but I always knew in the back of my mind that I would one day need to put something out on my own. I’ve got a number of different ideas for magazines I’d like to put out. But the one that kept rising to the surface was the idea of creating a publication that represented what our store and gallery Reed Space is all about. If anyone knows anything about Reed Space, it actually represents so much more than a physical shop. It’s really a spirit and mentality, and if anything, is a physical representation of this Positive Social Contagion I keep harping about. Really, it’s the cornerstone for everything we believe in at Staple Design. So with all that said, I am really (like, REALLY) proud to introduce to you, REED PAGES.
I think when you get a chance to peep Reed Pages, you’ll find it’s not what you might expect from a publication that a “street culture shop” puts out. Reed Pages is at the forefront of contemporary culture, art and design. It is dedicated to delivering inspirational, informative and authentic content. It brings together the new and the reinvented, the homegrown and the foreign, and the independents and the conglomerates.
Whether it be visual, experiential, commercial or conceptual, the features are selected for their contributions and impact felt around the world. From cover to cover, Reed Pages influences its readers to learn, interact, create and be an active participant of the contemporary lifestyle.
There are no small stories in Reed Pages, thus the features are organized alphabetically. Every subject, every place and every single thing is given equal prominence. Everything we cover inspires us in some way, and we aim to share this inspiration with our readers.

On Advertising:
Reed Pages does not have advertisers, only supporters and sponsors. The production of this publication is made possible by companies and organizations that provide us with grants and funding. We seek the assistance of groups that align themselves with the same ideologies that founded Reed Pages: Supporting a positive social contagion. Issue after Issue. Page after Page. When you get your hands on an issue, you’ll see how we show love to the people and companies that show love to us. We hope you find it like a breath of fresh air. Starting next week, Reed Pages will be available at Reed Space and soon thereafter, in select retailers around the globe. Be on the look out! For now you can thumb through the issue online at our site. You can also order issues and subscriptions as well. Making this is still new to us so let us know what you think! We’re still learning as we go. But the process should be damn fun. (I also definitely want to thank every single person who helped make this premier issue happen. Y’all know who you are.)

僕が熱狂的な雑誌オタクであることはもはや秘密ではありません。僕は印刷された活字が大好きです。過去にたくさんの雑誌と携り、それらすべてはとてもいい経験でしたが、いつも頭の奥ではいつか自分で何か出版しないといけないと思っていました。僕が出したい雑誌には色々なアイディアがありした。でも、いつも行き着いたのは僕達のショップとギャラリー、Reed Spaceが何を表現しているのかについての出版物を作るアイディアでした。Reed Spaceを少しでも知っている人はご存知の通り、ただのショップではありません。それはスピリットとメンタリティー、そして、何より僕がいつも言う、「社会にポジティブな伝染」を物質的に表現したショップです。本当に、僕達Staple Designの信念の象徴なのです。そして、皆さんにREED PAGESをご紹介できることを大変(いや、マジで)誇りに思います。
Reed Pagesを見れば、普通の「ストリートカルチャーショップ」が出すような出版物ではないことが分かると思います。Reed Pagesはコンテンポラリーカルチャー、アートとデザインの最先端をいっています。インスパイアし、有益で確実なコンテンツを配信するよう取り組んでいます。新しいものと再発されたもの、国内と国外、個人会社と複合企業をすべてを集結しています。ビジュアル的や試験的、商業的か概括的であるかに関わらず、すべての内容はそれらが世界にどのような影響を与え、社会に貢献しているかによって選ばれています。最初から最後まで、Reed Pagesは読者に学び、相互に作用し、作り出し、コンテンポラリーなライフスタイルに積極的に参加するように感化します。
Reed Pagesには小さな記事がないため、すべてアルファベット順に構成されています。すべての人、場所、物は平等に扱われています。僕達が取材することはすべて僕達をインスパイアし、それが僕達の読者にもインスパイアするように目指しています。

広告について:
Reed Pagesは広告者はいません。サポーターやスポンサーしかいません。この出版物は助成金や援助金を提供してくれる企業や団体によって製作されています。Reed Pagesが創刊された基となるイデオロギー:「社会的にポジティブな伝染を」に共感してくれるグループに協力をお願いしています。毎号。毎ページ。
毎号読めば、僕達に愛を示してくれている人たちや企業に、どのように僕達が愛を返しているかがわかります。これを新鮮に感じていただけたらと思います。

来週からReed PagesはReed Spaceで購入でき、その後、世界中のお店でも手に入ります。楽しみにして下さい!それまでは僕達のサイトでオンライン号が見られます。1冊のオーダーから予約購読も出来ます。僕達にとっても新しいことばかりなので、皆さんの意見も教えてください!僕達もまだ学びながらやっています。でも、その過程は楽しいに違いありません。(また、この創刊号に携わってくれた皆さん一人ひとりに感謝をしています。誰だかわかっていますよね。)








2009.01.31

Ladies First 打ち合わせ

そろそろ展示会シーズンですね。

LPHでも進めてますよ、色々と。先日は Ladies First の打ち合わせで関係者の一部で集まりました。

今回の参加者は、Linda Fabrica の Shiho
shiho_linda.jpg

と Four Aces Trade の高橋さん。
hiroshi.jpg

Shiho が中華料理を作ってくれて、おいし〜く打ち合わせができました。
で、高橋さんは最新のLTDにStapleが載っていた事を教えてくれて、(以外と知らない、ワタクシ、、)
ltd.jpg
ltd_staple.jpg

インタビューby Hawaii Mike(あ〜、納得)。なかなか渋い事言ってます、jeffstaple。

特にこの引用は好き。
ltd_staple_quote.jpg

日本語にすると「Staple ガイはその場で一番うるさい(主張している)人でなくていい。一番記憶に残っている人であれば。」jeffっぽいですね。そしてインタビューの中では Staple という言葉の意味も説明してます。Staple とは、主要素であり、必要不可欠なもの、我々の洋服もそうありたい。 。

もう間もなくStaple 2009SS がドロップします。楽しみにしていてください。

2008.12.31

HISTORY OF WU-TANG.

-NEW YORK
In what many are calling the most comprehensive study of its kind, Staten Island historians Robert Wilburn and Charles Tinsley have successfully traced the lines of the infamous Wu-Tang Clan all the way back to 1993 A.D.
“Through our exhaustive research, we have determined not only the start of the Wu-Tang Clan’s reign, but also the very moment of its legendary downfall,” said Wilburn, who has authored numerous books on the House of RZA. “Indeed, we now have conclusive proof as to why all the other wannabe MCs bowed down to this dynastic force.”
“It was an immense project,” said Tinsley, who coauthored the 450-page genealogical report. “For instance, it took us months to conclude that Ol’ Dirty Bastard, Dirt McGirt, Big Baby Jesus, Osirus, Dirt Dog, and Peanut the Kidnapper were all the same person.”

ニューヨーク
同類の研究としては最も広範囲で詳細な調べと言われる中で、スタテンアイランドの歴史家Robert Wilburn氏とCharles Tinsley氏はかの有名なWu-Tang Clanの系統を1993A.D.までたどる事に成功しまし。
「私たちの詳細なリサーチの中で、Wu-Tang Clanの君臨した時代の始まりを確定しただけでなく、その歴史的な没落の瞬間も測定することができました。」と語ったWilburn氏はHouse of RZAについて何冊もの本を出版しています。「まさに、私たちはなぜほかのナリキリMCたちがこのすさまじい力にひれ伏した理由を明確にしました。」
「これは計り知れないプロジェクトでした。」と語ったTinsley氏はこの450ページの系統レポートの共著者でもあります。「たとえば、Ol’Dirty Bastard、Dirt McGirt、Big Baby Jesus、Osirus、Dirt DogとPeanut the Kidnapperがすべて同じ人物だという結論に達したのに何ヶ月もかかりました。」