2012.03.19

LOW END THEORY JAPAN TOUR 2012

今夜はここでお会いしましょう。

2012.02.27

Nocando for Low End Theory Japan

うわ〜〜!!
気付いたらまったくアップしていませんでした、、ブログ。。。
最後の投稿が、10月、、、、、反省。。

そろそろ今年のブログネタをアップしないとですね。

2011.10.19

QWSTION POP-UP @417 by Edifice

Got a QWSTION?

現在417 by Edifice 渋谷店と新宿店にて QWSTION のポップアップショップを開催しています。今シーズンの商品ラインナップが勢揃いし、ブランドの世界感が最大限に表現されています。

こんなに素敵に陳列されて、バッグ達が喜んでます。

10月30日まで開催するのですが、今週の金曜日21日には渋谷ファッションフェスティバルもあり、この日のために特別にQWSTIONのノベルティーもご用意しています。是非この機会をお見逃しなく!!

詳しくは417 by Edificeの関連サイトもご覧ください。

2011.07.26

Common Magazine 5周年記念イベント

さてさて、日ごろからLPHがとてもお世話になっていて、翻訳もさせていただいているCommon Magazineさんが創刊5周年を迎えます!

3.11の震災後、いち早く地元のために立ち上がったCommon Magazineの皆さん。その熱意と直向さには心を打たれます。

そして、そんな節目の5周年を記念してCommon Magazine 初のイベント、Sendai Trip In Tokyoが開催されます!仙台のアーティストを引き連れて、東京を盛り上げてくれます!当日は募金箱なども設置され、集まった義援金は日本赤十字に寄付されます。寄付してくれた人は、多くの支援を呼びかけるためにjeffstapleが考案した赤い#helpjapanのピンバッジがもらえますよ~。アツい夜になるのは間違いないので、当日お会いしましょう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<詳細掲載画面>

http://www.common-magazine.com/sendai-trip-in-tokyo

http://www.facebook.com/event.php?eid=197784586938482

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【東日本大震災への対応について】
3.11に発生した東日本大震災。当地、仙台も被災の中心地の一つとなりました。
仙台のアーティストを一同に会す事で、被災地の復興の兆しを示すとともに、
被害が甚大な沿岸部の方々へ微小ながらも力になれればと考え、
本イベントの開催において、以下の内容を企画しています。

【余剰金の寄付】
開催後、運営に関わる必要経費を差し引き、余剰金が発生した場合は、
日本赤十字社を通じて被災地への義援金として寄付させていただきます。

【募金箱の設置】
当日、会場に募金箱を設置し、募金を募ります。
集まった募金は上記と合算し、日本赤十字社を通じて被災地への義援金として寄付させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2011.06.30

Ron English Art Show

久しぶりにアートショーのオープニングに行く予定なので、楽しみです。


ZacPac presents Ron English “POPAGANDA IN JAPAN” Exhibition
開催期間:2011年07月01日(金)~ 07月18日(祝月)※祝日を除く月曜日定休
オープニングレセプション: 2011年7月1日(金)19:00-22:00
ライブペイント&サイン会: 2011年7月3日(日)13:00-15:00 (予定)
アーティスト:Jason Freeny, Kim Songhe, TOUMA
場所:PUBLIC/IMAGE.3D
詳細:http://3d.public-image.org/?p=4495

2011.04.16

HELP JPN.

Since the Japan earthquake disaster struck, I’ve been dwelling on ways to most effectively help our friends there. As you all know, lots of people are doing lots of things. But they all felt slightly “off” to me. I saw a tweet that summed it up perfectly: “If you’re going to donate, just donate. Don’t make people retweet, like, buy things, etc. Don’t abuse tragedies for your own personal gain.” Don’t get me wrong, no disrespect, everyone’s assistance helps a lot. But personally, for me, I just didn’t want to make something…to add another “thing” to the world, and then have to sell that “thing” in order to help people. I just want to help. And I want those who help to be able to let other people know how to help.
So still…I thought, something must be done. Especially in our industry. We owe much to Japan—if not everything.
日本が震災にあってから、向こうにいる仲間を一番効果的に手伝う方法を考えていました。知っての通り、色んな人が色んな事をしています。でも、どこか腑に落ちないところがありました。あるtweetがぴったり言ってくれました:「寄付するのなら、寄付をしろ。他の人にretweetさせたり、「いいね」をさせたり、買わせたりしない事。自分の利益の為に悲劇を利用してはいけない。」勘違いしないで欲しい。非難をしているわけでもないし、みんなの支援が助けになる。だけど、個人的には、何か作りたくなかった...この世の中にもう一つ「もの」を加えて、その「もの」を売って人を助けたくありませんでした。ただ、助けいだけ。そして、助けられる人は他の人にどの様に助けられるか、教えて欲しかっただけです。でも、何かをやらなければいけない。特に僕たちの業界は日本に恩がたくさんある...すべてが日本のおかげといっても過言ではない。

This is my solution: これが僕の解決法:
A red circle. 赤い丸。
Anyone who donates or supports gets one. It’s not only a badge of support, it’s a rally cry. We are organizing an event in NYC on Saturday 4/16/11 to bring people together; get them to donate directly to Red Cross Japan and then represent with this button. You don’t have to buy a product. There’s no “portion of sales” of anything…We’re just giving those that choose to support a means of telling the world around them to do the same.
寄付した人やサポートした人は誰でももらえます。援助した証だけでなく、呼びかけのバッジでもある。2011年4月16日、ニューヨークでみんなが集まり、日本赤十字に直接寄付して、このパッジを付けてもらうイベントを企画しています。商品を買わなくていい。「収益の何%」とか何もない...支援した人たちが周りの人に、同じように手を差し伸べるよう呼びかける方法を示すだけ。
With the help of our friends, we’ve amassed an incredible all-star line up of DJs to provide you with what will be a very special night. Please come out and support, have a good time and GIVE. Japan has given us so much. It’s time to give back.
たくさんの友人のおかげで、すばらしいオールスターDJのラインアップがこの特別な夜を飾ります。ぜひ足を運び、楽しみながら、支援してほしいです。日本からは沢山もらいました。今こそ恩返しをする時。
— jeff

helpjpn.org
RSVP email for event: info_at_helpjpn_dot_org

2010.11.17

1-2-1 FOR REDU.

The seventh installment in the “1-2-1 w/jeffstaple” Series is a special one. This 1-2-1 features 5 artists who participated in a group art exhibition and fundraiser for letsredu.com and donorschoose.org. The effort is to raise awareness for America’s failing public school systems.
Each segment, jeffstaple, Founder and Creative Director of Staple Design & Reed Space, talks to someone one-to-one. Direct. Intimate. No BS.
For this segment, Jeff talks to Jose Parla, Scott Campbell, Neck Face, Lucien Marc Smith and Luis Gispert.

「1-2-1w/jeffstaple」シリーズの第7回目はとても特別なものです。この1-2-1にはletsredu.comdonorschoose.orgのグループアート展とファンドレイザーに参加した5人アーティストがフィーチャーされています。これは欠陥のあるアメリカの公立教育制度により多くの目お向けるため行われました。各 回では、Staple DesignとReed Spaceの創設者兼クリエーティブディレクターであるjeffstapleが、誰かと一対一で対談します。直球。深く。デタラメは一切なし。今回、 JeffはJose Parla、Scott Campbell、Neck Face、Lucien Marc SmithとLuis Gispertと対談しました。